「PFCバランス」意識してますか?

LINEで送る
Pocket

PFCバランス」という言葉を聞いた事がありますか?
栄養のバランスを考える時、ダイエットの時、身体づくりにとってとても重要な知識です。
今回はPFCバランスについて書いていきます。

PFCバランス

PFCバランスとは?

PFCバランス
タンパク質:Protein プロテイン
脂質:Fat ファット
炭水化物:Carbohydrate カーボハイドレイト
この3つの栄養素は「三大栄養素」と呼ばれています。
合計摂取カロリーのうち、この3つがそれぞれ何%に当たるか
というバランスを示したものがPFCバランスです。

カロリーの計算は1g当たり
タンパク質:4kcal
脂質:9kcal
炭水化物:4kcal
で計算します。

例えば、タンパク質を10g食べると40kcalですが、
脂質を10g食べると90Kcalになります。

脂質が多く入っている食品はカロリーが多いのは皆さん実感されていると思います。
食べる量を減らしても、脂質が多いと摂取カロリーがオーバーしている場合がありますね。

このPFCバランスの理想の目安は
タンパク質(P):15%
脂質(F):25%
炭水化物(C):60%
とされています。

「日本型食生活」と呼ばれる食事は、理想のPFCバランスだと言われています。

PFCバランスはなぜ大切か

PFCバランスの理想

なぜこのPFCバランスが大切なのか。

ダイエットをする方で多いのが、「摂取カロリーだけを気にする」方です。
今は買い物でも外食でも、カロリーや栄養素が記載されるようになっています。
その栄養素はよく見ずに、「カロリー」の部分だけ見ていませんか?
その「カロリー」が【タンパク質・脂質・炭水化物】のうち、
どの栄養素が何g入っているから何 kcal になっているか」は気にしているでしょうか?


例えば極端な話ですが一日の摂取カロリーは適正範囲内だとしても、全ての摂取カロリーをポテトチップスだけで摂取していると、脂質と炭水化物が極端に多くなり、タンパク質が不足している状態になります。

自分が一日食べた物を思い浮かべてみて、PFCバランスがだいたいどんな割合になっているかを意識する事は、健康管理にとってとても重要な事です。

摂取カロリーだけを意識していると、摂り過ぎている栄養がある一方、実は足りない栄養がある可能性があります。

食事のメニューを選ぶ際、大まかでいいのでPFCバランスを意識する事で、摂り過ぎや不足を回避する事ができます。

特に脂質の摂り過ぎに注意

おいしいものは脂質が多い。。

このPFCバランス、
1960年代には炭水化物(C)が多く、脂質(F)が少ない
だったようですが、
現在は脂質(F)が多い人の割合が増えているようです。

最近は糖質制限ダイエットもダイエットの主流になっていますね。
極端な糖質制限は確かに体重は減りやすいですが、炭水化物(C)を減らした分、脂質(F)が多くなりがちです。
脂質が過剰になると高脂血症や動脈硬化の原因にもなりますし、脂肪だけでなく筋肉も落ちやすいというデメリットがあります。
(もちろん糖質制限の程度によりますが。)

長期的な健康管理の為のダイエットであれば、このPFCバランスを意識した食事管理を続ける事をおススメします。

食品にカロリーが表示されている物は、栄養素も記載されている場合が多いです。
「そりゃバランスが良い食事が良いのは分かってるけど、いちいち考えるのはめんどくさい!」
という方は、まずは摂り過ぎになりがちな「脂質(F)」を意識してみると良いと思います。


それぞれの食品がどんなPFCバランスになっているのか、ぜひ意識してみて下さい。


最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
これからも身体づくりに役に立つ情報を載せていきますので、ご興味あればご覧下さい。

LINEで送る
Pocket

コメント