アミノ酸って何?

LINEで送る
Pocket

アミノ酸って何ですか?」
この質問に皆さんなら何と答えるでしょうか。
何か聞いた事あるけどうまく答えられない、という方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、身体にとって重要な役割を持つアミノ酸について書いていきます。

アミノ酸って何?

タンパク質はアミノ酸が数百個以上つながってできている

アミノ酸がつながり、タンパク質
タンパク質が分解され、アミノ酸

アミノ酸とは、
タンパク質の最小単位」です

お肉の中にはタンパク質が含まれています。
でも、タンパク質の形のままでは身体に吸収されません。
お肉を食べると身体の中で消化・分解され、タンパク質は「アミノ酸」という形になって身体に吸収されます。
※ちなみに、アミノ酸が数百個集まらないとタンパク質の形にはにはなりません。

そのアミノ酸が今度はつながってタンパク質となり、筋肉・血液・臓器・皮膚を作ります。

必須アミノ酸と非必須アミノ酸

自然界にあるアミノ酸は約500種類と言われています。
その中でも人間のタンパク質を構成するアミノ酸は20種類です

その20種類は
 体内では合成されない必須アミノ酸(9種類)
 体内で合成できる非必須アミノ酸(11種類)
に分類されます。

必須アミノ酸は体内では合成できない為、積極的に取った方が良いとされています。
BCAA」というサプリメントは必須アミノ酸の中でも特に大切で失われやすい3種類のアミノ酸が配合されています。
筋トレをする人にとっては代表的なサプリメントなので、聞いた事があるかもしれませんね。
スポーツドリンクの中にもよく見てみると「BCAA配合!」なんて表記されている商品がありますよ。


一方で非必須アミノ酸は体内で合成できます。
これは逆に考えれば、身体に必要なものだから体内で合成できるとも言えます。

特に非必須アミノ酸の中の「グルタミン」は体内に一番多く存在するアミノ酸です。
多く存在するという事は多く消費されるという事です。
グルタミンも筋トレをする人の中でも飲んでる方が多いですね。

個別のアミノ酸については後日詳しく記事にしたいと思います。


※ちなみに皆さんよくご存じの調味料「味の素」
これは非必須アミノ酸のうちのひとつ、グルタミン酸を原料としたうま味調味料です 。

グルタミン」と「グルタミン酸
名前は似ていますが、それぞれ別の非必須アミノ酸です。

味の素は非必須アミノ酸の中の「グルタミン酸」
これは「グルタミン」
どちらも非必須アミノ酸のうちのひとつですが、
「グルタミン酸」と「グルタミン」は別物。

プロテインはアミノ酸スコア100を選ぶ

プロテインのパッケージに「アミノ酸スコア100」と表記されている物があります。

この「アミノ酸スコア」とは何の事だか分かりますか?

先程の「必須アミノ酸」は体内で合成できない9種類のアミノ酸の事でしたね。
この9種類のアミノ酸は必要な量がそれぞれ違い、各々のバランスがとても重要になります。

必須アミノ酸は一つのチームのようなものです。
例えば9種類のうち1種類が少ないとタンパク質をうまく合成する事ができず、他の8種類は残念ながら無駄になってしまいます。
つまり、少ないアミノ酸に他のみんなが合わせてしまうので、少ない量のタンパク質しかできないという事です。
完全に私の個人的な意見でちょっとネガティブなのですが、「連帯責任」って考えるとイメージしやすいですかね(-“-)

9種類のアミノ酸のバランスがパーフェクトなのが「アミノ酸スコア100
です。
チームのみんなそれぞれのアミノ酸が無駄なく利用され、一番効率が良いという事です。

食材の種類によってもアミノ酸スコアがあります。
 鶏卵・牛乳・大豆・肉・魚
はすべてアミノ酸スコア100

比較ですが、白米のアミノ酸スコアは65です。
白米にも必須アミノ酸が含まれていますが、お肉などに比べれば効率が悪いという事が分かりますね。(あくまでも必須アミノ酸に関してです)

同じようにプロテインにもアミノ酸スコアがあります。
ただ、ほとんどのプロテインにはよく見ると「アミノ酸スコア100」と記載があると思います。
これが書いてないと、もしかすると必須アミノ酸のバランスが良くないプロテインなのかもしれません。

プロテインは味や価格など様々な理由で選ばれるかと思いますが、
最低限の条件として、「アミノ酸スコア100」と記載されたプロテインを選んで下さいね。



最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
これからも身体づくりに役に立つ情報を載せていきますので、ご興味あればご覧下さい。

LINEで送る
Pocket

コメント